REAPRA Ventures

佐藤 克唯毅

REAPRA Ventures 経営企画

2014年にスカイライトコンサルティング株式会社入社。主に、情報通信業の国内大手企業にて、新規事業立上げやサービス戦略立案と実行、組織構築などを支援。またスピンアウトベンチャー立上げや地方中小企業での経営改革など小規模組織の支援にも複数関わる。大学時代より、東北にて社会課題に向き合うNPOや起業家の支援に継続的に関わる。2018年1月より現職。 主に国内投資先の経営支援と、グループの組織強化を担当。東北大学法学部卒

これまでの経歴を教えてください。

弁護士を目指し、大学は法学部で司法試験の勉強に励んでいました。転機となったのは在学中に発生した東日本大震災でした。既知の景色が一変し価値観が動く中で、社会への志高く、復興や被災者支援を担う企業や団体、人々に出会いました。そこで、法律という手段で社会制度を運用するよりも、柔軟な手法・発想で、より良い社会を創り出そうと奮闘する人・組織とを支えたいとの想いが強くなりました。まずは修行をとコンサルティングファームへ入社し、大手から中小まで様々な企業と新規事業立上げや組織改革などに取り組みました。前向きな変化を目指す、尊敬できる仲間やチームと働けたこと、私個人の力は小さくても、組織を触媒に社会へ影響力の大きい仕事に取り組めたことなど、非常に充実した経験でした。

そこから転職を考え始めた理由は何だったんですか?

弁護士を目指した理由でもありますが、私は元々「正直な人が不遇とならない社会を作りたい」「現状・既存の構造では解決困難な問題を抱える人や集団を助けたい」という価値観を持っています。コンサルティングファーム時代は充実していましたが、大きな組織での案件が中心で、過去や関係者との調整事が多くなりがちでした。そこで、より小さな組織でシンプルに、既存社会の課題と向き合ってみたいと思ったことです。

どういった軸で転職活動をされていたんですか?

自分自身がスタートアップに参画し、より現場の当事者として社会の課題に向き合うか、逆に思いっきり抽象度を上げて、そもそもの社会の成立ちや構造を俯瞰して課題を捉え、政策などに落とし込むシンクタンクなどを選択肢にしていました。

転職活動時にはREAPRAにはどういう印象を持ってましたか?

REAPRAは、偶然読んだForbesで知りました(https://forbesjapan.com/articles/detail/19930)。で率直に、何なんだこのすごい雰囲気の人たちは、と(笑)。規模・時間軸・手法、、壮大なのに現実的に社会へのインパクトを生み出そうとしていて、実行可能そうなタレントが揃っている印象でした。

インタビューのプロセスなどを経て、印象がどんな風に変わっていきましたか?

良くも悪くも、作り上げる過程だと感じました。元々はサッカーのレアルマドリードみたいな銀河系集団のイメージで、すごく遠いイメージでしたが、会ってみたら等身大の同じ人間でした(笑)。もっとも「100年以上続く永続的なコングロマリットとは?」のような遠大なビジョンと真剣に向き合いつつ、現実的な歩みを着実に進めている印象で、すごい人達だなとは思いました。社会を俯瞰するシンクタンクの雰囲気がありつつ、投資先にはシード期のスタートアップが多く、ビジョンを一緒に描く中で、私の欲張りなキャリア感が実現できる場所だと感じました。

いまはどんなお仕事をしていて、どんなところにやりがいを感じていますか?

主に2つ役割を持っています。日本の投資先の成長支援と、REAPRA自身が成長するための基盤作りです。前者は、投資先経営陣に対して市場リサーチや戦略検討、経営管理の強化など支援しています。本気で社会に挑戦するスタートアップ経営陣と日々触れ合い、背筋が正される気持ちです。そんな人達と真剣に働き、価値ある応援者になるべく試行錯誤する日々は充実していますよ。また後者は、組織を強く進化させるための、何でも屋ですね(笑)。戦略や組織の検討、経営一般化、、、色々やっています。プロフェッショナルが集まっているので、カオスな中に、日々前向きな変化を感じられます。

今後のキャリアビジョンはどのように考えていますか?

社会構造の歪みに生まれる課題に向き合い、世の中をより良くしようと奮闘する人々やその志の支え手として、力をつけたいと考えています。ボランティアや奉仕の精神は尊敬に値しますが、変革の担い手自身が疲弊しては、せっかくの志も社会を良くすることは難しいと感じます。そこで、持続的に発展可能な事業を作る、という手段でその志を世に出していく、そんな試みを続けていきたいな、と。「100年以上続く永続的なコングロマリットとは?」を研究・実践するREAPRAは、まさにそんな営みそのものなので、フルコミットしていきたいと考えています。

経営企画の募集要項

職種
経営企画
仕事内容
REAPRAのMission/Vison実現のため、
1)REAPRAの経営企画として、戦略立案/実行
2)投資先の経営企画として、ハンズオン支援
のいずれか、もしくは両方を担当します。
どちらのロールも具体的には、
・マーケットリサーチ
・事業/プロダクト検討
・マネジメントダッシュボード策定
・ステークホルダーとのディスカッション
・プロジェクト立ち上げ/推進
・資料作成/提案
を実施します。
仕事の価値
・産業創造の一般化という壮大なテーマへのチャレンジ
・「経営」を推進する手触り感
・グローバルに働ける機会
・優秀な人材との協働
応募資格
・REAPRAのMissionへの共感
・戦略立案のベースとなる論理的思考能力/構造化能力
・仮説立案/施策実行/検証・分析までPDCAをリードする能力
・双方向かつオープンなコミュニケーション能力
・自己を批判的に内省できる能力
・エクセル/パワーポイントを使用しての資料作成能力
お問い合わせ・応募

Interview

起業家・ハンズオンメンバーインタビュー

株式会社YOLOT 古田 裕

古田 裕

株式会社YOLOT

CEO

株式会社ココピア 森島 聖

森島 聖

株式会社ココピア

代表取締役社長

REAPRA 三浦 豪

三浦 豪

REAPRA

経営企画

REAPRA Ventures 佐藤 克唯毅

佐藤 克唯毅

REAPRA Ventures

経営企画

REAPRA Ventures 山田 晃義

山田 晃義

REAPRA Ventures

セールス